« 本隊はどこだ | トップページ | 別れの詩 »

2007年4月27日 (金)

戦闘モードへ

1.ゲルググ完成

3月21日にMS生産スキルが90.1になってから一気にゲルググ生産スキルにしようとここ1ヶ月以上は生産キャラでのプレイがメインとなった。

予想以上に時間がかかった><

生産に専念していればもっと早かったかもしれないが、それは仕方ない。

その影響で狩りはもちろんPVも控え気味となっていたが、ゲル(並だがw)の供給にもメドが立ったので今日から戦闘キャラメインでのプレイに移行。

で、L1の熟練上げで製作したのとは別にL3の実戦機、2機を自慢がてらに記事にしようと思っていたのだが・・・・

昨夜「あいらぶめるぼるん」という悪~~~~い人達(悪意はない)に2機ともぶっ壊されてしまいましたw

2.メル防衛隊変質

この「あいらぶ~」襲撃の迎撃にあたっていたのだがこの1月占領地に篭っていたせいかメルボ防衛隊の様相が以前と違ってた。

占領戦間近か重なるような時間帯での襲撃なので戦力が分散する事になるが、PVの規模を調整するにはいい手法と思う。

この日はPCは約30との情報だったが中身がスゴイw

もはやこの「あいらぶ~」は連邦軍きっての精鋭の集まりとなりつつあるようだ。

ざっと確認できたとこで「八代将軍吉宗」「ザックス」「リアム・ギャラガー」「jemini01」「エーコト・シタルネン」(敬称略)・・・他にもいいメンバーが来てたのだけどSS撮れてないから憶えているのはこのくらい、スイマセン><

友軍も約20~30くらいでいい勝負になりそうだと思ってた。この時までは・・・・

3.腰砕け

連邦軍は西から進軍を開始。街で待ち構えてた友軍とともに一気に押し出す。

数はややこちらが上回っているように見えた。ドムのBBで追撃を開始、一旦は西連テントを制圧して連邦軍を西ボスの奥まで追いやる。

ふと周りを見回すと「あれ、こんなもんだっけ?」と思うくらい友軍の数が出撃した時と合わない。-で、カウンターが始まる。

そんなにキツイ数じゃない、踏ん張れるだろうと思ったのでテント上で抜刀、陸ダムに斬りかかるのだが友軍が退いたため孤立、ちぼう。

???

あの程度の規模のカウンターでなんで崩れるの?とこの時は感じた。

理由はすぐわかったIRCで確認したら最初の押し出しの時に誰が言ったかわからんが「追うな」の指示が出て半数以上が引き返していたらしい><

4.説教

あのね・・・

守備に徹するってのはワカラン話じゃないよ、ウン。(弱腰だとは思うが)

けれどそれは最初の段階で打ち合わせとく事なのだよ、意思統一ね。

追撃が始まってから途中、後続に引き上げられたら前衛が孤立してしまうのだよ。

友軍見捨ててどーすんの?

あ~・・愚痴っぽくなるのはヤなのでこの辺でやめときます。

「あいらぶ~」の方はご存知だろうがこの後2機のNゲルを屠られ「やってらんねぇ~」てなもんでオラは占領地へ飛んだ。

5.オソロシヤオソロシヤ

4271 Sゲルで寝落ち

1時間ほどで起きれたけどね・・・^^;

|

« 本隊はどこだ | トップページ | 別れの詩 »

コメント

押し込んでる途中で引いたらメルらしさがなくなっちゃうじゃんかな!w
中途半端な事やると、以前のメルボルンに戻っちゃうの分かってないんだろうね。
一緒に逝けなかった事を残念に思うよ。
ゴメンね。ヒロちゃん。

投稿: はま | 2007年4月28日 (土) 03時59分

>はまさん
今回は愚痴っぽくなってすいません><

>中途半端な事やると、以前のメルボルンに戻っちゃうの分かってないんだろうね。
これが頭をよぎったのであえて書いた次第です。


投稿: ヒロ@IEDE | 2007年4月28日 (土) 13時27分

初カキコかな? 最近はテントまで押さないが浸透しちゃったね(-_-;) 下手すれば補給6までも行かない人多いよ… 自分はいつも先頭でタゲ集めて逃げるから後方の味方が援護してくれないとキツイ… 最近ロストウナギ昇(^-^)v ラック700に調整すっかな~…

投稿: まさゆう | 2007年4月30日 (月) 13時08分

>まさゆうさん
コメありです^^
う~ん、やっぱりそうなんですか。
ここのところメル離れてる事が多いので・・・スイマセン><
相手はほとんどLAだから同数のドム、グフなら負ける訳ないんだけどなぁ~
ましてこの日はゲルも多かったのに・・・
ゲル乗っててLAにビビッてちゃいか~ん><

投稿: ヒロ@IEDE | 2007年4月30日 (月) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦闘モードへ:

« 本隊はどこだ | トップページ | 別れの詩 »